1822 大豊建設 東証1 14:19
558円
前日比
-4 (-0.71%)
比較される銘柄: 西松建不動テトラ熊谷組
業績: 今期予想
建設業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.5 1.10 5.86

銘柄ニュース

戻る
2016年02月15日20時54分

★本日の【イチオシ決算】 シノケンG、ポーラHD、カヤック (2月15日)


※決算発表の集中期間は本日で終了となります。
 16日から、★本日の【サプライズ決算】 速報 は<17時>に配信します。
 なお、決算発表と業績修正が多い日は、16時と18時の2回配信します。


1)本日(2月15日)引け後に発表された決算・業績修正

 ● イチオシ決算

【シノケンG <8909> [JQ]】 ★今期経常は10%増で5期連続最高益、15.75円増配へ
 ◆15年12月期の連結経常利益は前の期比49.9%増の64.4億円に拡大して着地。続く16年12月期も前期比10.1%増の71億円に伸び、5期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期も主力の投資用アパートやマンションの販売が好調で、30.7%の大幅増収を見込む。
  業績好調に伴い、今期の年間配当は前期比15.75円増の30円に大幅増配する方針とした。

 ● サプライズな決算発表・業績修正

 大豊建 <1822>   ★4-12月期(3Q累計)経常は80%増益、今期配当は1円増配
 ◆16年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比80.5%増の67.8億円に拡大して着地。高水準な土木・建築の手持ち工事が順調に進み、15.3%の大幅増収を達成したことが寄与。選別受注などによる工事採算の改善も大幅増益に貢献した。
  最繁忙期である1-3月期(第4四半期)を前に、通期計画の82億円に対する進捗率は82.7%に達しており、通期上振れが期待される。
  業績好調に伴い、従来未定としていた期末一括配当は4円(前期は3円)実施する方針とした。

 カヤック <3904> [東証M]  ★今期経常は34%増で2期連続最高益更新へ
 ◆15年12月期の連結経常利益は前の期非連結比2.2倍の3.9億円に伸びて着地。続く16年12月期も前期比34.2%増の5.3億円に拡大し、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期はスマートフォンゲーム「甲子園ポケット」の好調継続に加え、新規タイトルの投入が寄与し、課金収入が伸びる。スマホゲームに特化したコミュニティサービス「Lobi」の利用者増加で、広告収入も増加する。

 アルプス技 <4641>   ★今期経常は8%増で2期連続最高益、5円増配へ
 ◆15年12月期の連結経常利益は前の期比37.5%増の22.2億円に拡大し、従来予想の19.2億円を上回って着地。続く16年12月期も前期比8.0%増の24億円に伸び、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。前期上振れは技術者派遣事業での稼働人数や契約単価の上昇に加え、コスト削減が奏功したことが背景。今期は主力の自動車関連や電機・半導体関連の技術者派遣が伸び、9.6%の増収を見込む。
  業績好調に伴い、前期の年間配当を65円→71円(前の期は60円)に増額し、今期も前期比5円増の76円に増配する方針とした。予想PERが14.8倍→12.5倍に低下する一方、配当利回りが3.98%に上昇し、割安感が強まった。

 ポーラHD <4927>   ★今期最終は22%増益、50円増配へ
 ◆15年12月期の連結最終利益は前の期比35.8%増の140億円に拡大して着地。続く16年12月期も前期比22.0%増の172億円に伸びる見通しとなった。今期はインバウンド需要の取り込みに加え、育成ブランドの売上成長も寄与し、増収を確保する。静岡工場跡地の売却に伴い、売却益30億円が発生することも最終利益を押し上げる。
  業績好調に伴い、今期の年間配当は前期比50円増の200円に増配する方針とした。

2)2月16日の決算発表銘柄(予定) ★は注目決算
 ■取引時間中の発表(予定)
  ◆本決算:
    <7976> 菱鉛筆

 ■引け後発表(予定)
  ◆本決算:
    <2700> 木徳神糧 [JQ]
    <3249> 産業ファンド [東R]
    <3807> フィスコ [JQG]
    <5184> ニチリン [東2]
    <6326> クボタ        ★
    <7776> セルシード [JQG]
    <8946> エイシアンS [JQ]
  合計8社

 ※「株探」では、株価、PER、利回りなどを併記した【決算発表・業績修正】銘柄一覧をご覧いただけます。

株探ニュース

日経平均