1812 鹿島 東証1 15:00
830円
前日比
+19 (+2.34%)
比較される銘柄: 大成建清水建大林組
業績: 今期予想
建設業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.5 1.27 2.89 12.61

銘柄ニュース

戻る
2017年03月16日09時08分

鹿島が4日続伸、国内建設工事の利益率向上で17年3月期業績・配当予想を上方修正

 鹿島<1812>が4日続伸。15日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想について、売上高を1兆7800億円から1兆8200億円(前期比4.4%増)へ、営業利益を1200億円から1500億円(同35.0%増)へ、純利益を780億円から1000億円(同38.3%増)へ上方修正したことが好感されている。

 国内建設工事の利益率が向上し、完成工事総利益が増加する見通しとなったことに加えて、国内外の関係会社の業績も堅調に推移する見通しとなったことが要因としている。

 また、業績予想の修正に伴い、従来7円を予定していた期末配当を6円増額して13円にするとあわせて発表しており、これも好材料視されているようだ。年間配当は20円(従来予想14円)となり、前期実績の12円に対しては8円の増配となる予定だ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均