市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 11月28日版

日経平均株価はすぐに2万8500円以上へ値を戻す動きになるかが焦点
1. NYダウは26日の安値3万4749ドルが押し目になるかが焦点
  NYダウは、前週末の価格が大幅安となって、一気に3万5000ドルを下回る程度まで下げています。
 NYダウは3万5000ドル前後が強弱の節目となっているので、現在が上昇の流れの途中なら、26日の安値3万4749ドルが押し目になって、週明け後、再上昇を開始すると考えられます。
 強気の展開になるなら、週明け後はすぐに3万5000ドル以上へ値を戻して、下値堅さを確認した後、年末へ向けた上昇の流れへ入る公算です。言い換えれば、週明け後の価格が3万4749ドル前後で下値を支えられないなら、その後は6月18日の安値3万3271ドル前後(下値の目安は3万3509ドル前後)まで一気に下げる動きになる、という見方が有力になります。
 図1は、NYダウ日足です。チャートでは本年5月以降、上値、下値を切り上げるジグザグの保ち合いの動きとなっています。現在もジグザグの動きを継続中なら、11月8日以降の下げは、9月20日の安値3万3613ドルよりも上の地点、ジグザグの保ち合い過程で、強く意識されていている3万5000ドル前後で下値を支えられるはずです。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均