市場ニュース

戻る

【材料】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にインパクト

インパクト <日足> 「株探」多機能チャートより
 「みんかぶ」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の24日午後2時現在で、インパクトホールディングス<6067>が「買い予想数上昇」で1位となっている。

 23日の取引終了後、ICT及びIoT製品の企画・開発・製造やデジタルサイネージを中心としたトータルソリューションの提供を行う子会社impactTVが、サイネージ部材の確保を完了したと発表した。同社では、半導体やLCD(液晶)不足により、完成品の供給が困難となった他社からの切り替えも含め、商談数は昨年度比300%を超え、更なる追加注文が予想されているという。こうした状況を受けて、SOC(システム・オン・チップ)やLCD、通信モジュールなどの基幹部品の調達を強力に推し進めており、その結果、万全の態勢で来年までの需要に対応しているという。

 インパクトは22日、未定としていた21年12月期連結業績予想の大幅増益見通しも発表しており、これらを好材料視した買いで株価は連日の年初来高値更新となっており、これが買い予想数の上昇につながっているようだ。

出所:MINKABU PRESS

日経平均