市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は636円高、今晩の米国株式相場にも関心

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は636円高(14時20分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、リクルートHD<6098>などがプラス寄与上位となっており、ファーストリテが1銘柄で107円程押し上げている。一方、日清粉G<2002>、大和ハウス<1925>、コムシスHD<1721>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、鉄鋼、保険業、非鉄金属、サービス業、鉱業が値上がり率上位、電気・ガス業、パルプ・紙、繊維製品が値下がりしている。

日経平均は後場に入って上値追いには慎重だが、底堅く推移している。昨日の米国株式市場で、ダウ平均、ナスダックとも取引終了にかけて下げ渋る展開となっており、今晩の米国株式市場の動向を確認したいとする向きもある。今晩は米国で4月の米住宅着工件数が発表される。また、ウォルマート、ホーム・デポなどが2-4月期決算発表を予定している。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均