市場ニュース

戻る

【市況】【↓】日経平均 大引け| 反落、30年5ヵ月ぶり高値に上昇で利益確定売り優勢 (1月22日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  28580.20
高値  28698.18(11:05)
安値  28527.16(09:06)
大引け 28631.45(前日比 -125.41 、 -0.44% )

売買高  12億1752万株 (東証1部概算)
売買代金  2兆3734億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は前日比125円安と反落、一時200円超の下落も下げ渋る
 2.21日のNYダウは12ドル安と3日ぶり下落、ナスダック指数は最高値に
 3.日経平均は前日に30年5ヵ月ぶり高値に上昇しており利益確定売りが優勢
 4.日本政府はコロナのため東京五輪中止が必要と非公式に結論づけたとの報道警戒
 5.SBGやソニー、東エレク、トヨタといった主力銘柄は上値が重く軟調に推移

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比12ドル安と3日ぶりに小反落した。大型経済対策への期待も景気敏感株中心に利益確定売りが優勢となった。

 東京市場では、日経平均株価は反落。週末で積極的な売買は見送られるなか、景気敏感株などに対する売りが優勢となった。

 21日の米株式市場では、NYダウが3日ぶりに反落。ただ、ハイテク株は高くナスダック指数は最高値を更新した。これを受けた、東京市場では上値は重く日経平均は軟調に推移。前日に終値ベースで30年5ヵ月ぶり高値に上昇したこともあり、利益確定売りが出やすかった。一時200円超の下落となったが、下値には買いが入り下げ渋った。英タイムズ紙が、日本政府は新型コロナウイルスのため東京五輪を中止せざるを得ないと非公式に結論づけた、と報道したことも警戒された。鉄鋼や証券、空運、陸運株などが安い。

 個別銘柄では、ソフトバンクグループ<9984>やソニー<6758>、東京エレクトロン<8035>、トヨタ自動車<7203>、ファーストリテイリング<9983>といった主力株が安い。日本電産<6594>や村田製作所<6981>も値を下げた。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>や三井住友フィナンシャルグループ<8316>も安い。コマツ<6301>や日本製鉄<5401>、JR東海<9022>、ANAホールディングス<9202>が軟調だった。バルミューダ<6612>が売られた。
 半面、任天堂<7974>や富士通<6702>、パナソニック<6752>が高く、レーザーテック<6920>やキーエンス<6861>、シャープ<6753>が値を上げた。BASE<4477>やレノバ<9519>、JTOWER<4485>が買われ、曙ブレーキ工業<7238>が急伸した。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄は資生堂 <4911> 、ネクソン <3659> 、KDDI <9433> 、信越化 <4063> 、オリンパス <7733> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約37円。
 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄はSBG <9984> 、東エレク <8035> 、TDK <6762> 、ファナック <6954> 、エムスリー <2413> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約99円。

 東証33業種のうち上昇は11業種。上昇率の上位5業種は(1)海運業、(2)その他製品、(3)電気・ガス業、(4)石油石炭製品、(5)化学。一方、下落率の上位5業種は(1)鉱業、(2)鉄鋼、(3)保険業、(4)証券商品先物、(5)その他金融業。

■個別材料株

△イメージワン <2667> [JQ]
 「電子カルテをサブスクで提供」との報道。
△アルペン <3028>
 21年6月期業績予想を上方修正。
△エイトレッド <3969>
 4-12月期営業25%増益。
△ISID <4812>
 20年12月期業績は計画上振れ。
△モダリス <4883> [東証M]
 SMBC日興証券が投資評価「1」でカバレッジを開始。
△東京綱 <5981>
 日本製鉄 <5401> が1株1500円でTOB実施へ。
△弁護士COM <6027> [東証M]
 マイナンバーカードに連動した電子署名サービスを21年夏にも開始。
△ピースリー <6696> [東証M]
 レンティア <7081> [JQ]と業務提携。
△ブレーキ <7238>
 「米メーカーから電動パーキングブレーキキャリパーを受注」との報道。
△岩谷産 <8088>
 岡三証券が「強気」でカバレッジを開始。

▼Welby <4438> [東証M]
 20年12月期業績は計画下振れ。
▼ビオフェル <4517>
 第3四半期営業利益23%減。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ブレーキ <7238> 、(2)東京綱 <5981> 、(3)クニミネ <5388> 、(4)コプロHD <7059> 、(5)チャームケア <6062> 、(6)マクロミル <3978> 、(7)Dmミックス <7354> 、(8)飯田GHD <3291> 、(9)enish <3667> 、(10)フロンティM <7038> 。
 値下がり率上位10傑は(1)ランド <8918> 、(2)サイバーリン <3683> 、(3)アゴーラHG <9704> 、(4)丹青社 <9743> 、(5)A&D <7745> 、(6)キング <8118> 、(7)Sサイエンス <5721> 、(8)フクシマガリ <6420> 、(9)TSIHD <3608> 、(10)トプコン <7732> 。

【大引け】

 日経平均は前日比125.41円(0.44%)安の2万8631.45円。TOPIXは前日比4.00(0.21%)安の1856.64。出来高は概算で12億1752万株。東証1部の値上がり銘柄数は694、値下がり銘柄数は1416となった。日経ジャスダック平均は3819.97円(10.35円高)。

[2021年1月22日]


株探ニュース

日経平均