市場ニュース

戻る

【材料】国際石開帝石やENEOSが高い、WTI価格は4カ月半ぶりの高値圏に上昇

国際石開帝石 <日足> 「株探」多機能チャートより
 国際石油開発帝石<1605>や石油資源開発<1662>、ENEOSホールディングス<5020>が高い。21日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の8月限が前日比1.15ドル高の1バレル=41.96ドルに上昇。3月初旬以来、4カ月半ぶりの高値圏に値を上げた。新型コロナウイルスに対するワクチン開発の前進観測や欧州連合(EU)の復興基金の創設合意による欧州の景気回復期待などが買い要因となった。これを受け、東京市場でも石油関連株が買われている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均