市場ニュース

戻る

【特集】「教育ICT」が9位にランク、教科書をインターネットで公開する特例措置で注目<注目テーマ>

すららネット <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 テレワーク 
2 遠隔医療 
3 マスク 
4 コロナウイルス
5 巣ごもり 
6 人工呼吸器 
7 5G 
8 eラーニング 
9 教育ICT 
10 農業関連

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「教育ICT」が9位となっている。
 
 政府が10日、教科書などの著作物をインターネットなどによる遠隔授業で使えるようにする改正著作権法を28日に施行する政令を閣議決定した。新型コロナウイルスの感染拡大により休校が長引く可能性に備えてのことで、遠隔授業により教科書などの著作物を無償で利用できるようになる。

 また、GIGAスクール構想のもと、今年度からタブレット端末導入のための補助金を自治体へ支給することが予定されている。休校中でタブレット端末を活用した校外学習ニーズが高まっていることに加えて、学校が再開すればタブレットの導入は加速する見方も強く、株式市場では「教育ICT」が投資テーマとして引き続き注目を集めている。

 関連銘柄の代表格であるすららネット<3998>やチエル<3933>はこの日ともに買われているほか、子会社スターティアレイズが、ファイル暗号化サービスを提供するDataClasys(東京都千代田区)と製品の販売に関する契約を締結し、業務提携したと発表したスターティアホールディングス<3393>もストップ高となっている。また、eラーニングを手掛けるアイスタディ<2345>なども買われている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均