市場ニュース

戻る

【特集】発表迫る、20年3月期【業績上振れ】期待リスト〔第1弾〕 <成長株特集>

扶桑薬 <日足> 「株探」多機能チャートより
 本特集では、今月下旬から本格化する20年3月期の本決算発表を前に、4-12月期(第3四半期累計)の通期計画に対する進捗率が高く、業績上振れする可能性が高いとみられる銘柄を探った(4月9日現在)。新型コロナウイルス感染拡大の影響で業績下方修正する企業が相次ぐなか、下振れリスクが小さい銘柄群としても注目したい。

 今回は4-12月期(第3四半期累計)時点の実績値がすでに通期計画を上回っている銘柄に照準を合わせた。先行きに慎重な企業が多い中、100%超えは243社と3月期決算企業全体の1割以上に上る。下表では、このうち時価総額150億円以上の銘柄(銀行、小売業などを除く)を対象に、4-12月期の経常利益がすでに通期計画を超過し、かつ同進捗率が過去5年平均を10ポイント超上回っている20社を選び出し、進捗率が大きい順に記した。「★」は昨年も決算発表の直前に上方修正した銘柄。

 なかでも、昨年も本決算発表前に通期計画を上方修正した扶桑薬品工業 <4538> と日清オイリオグループ <2602> は今年も期待される。また、上期業績予想を上方修正しながら、通期計画を据え置いている、はごろも <2831> [東証2]、東亜建設工業 <1885> 、WOWOW <4839> も上振れ余地がありそうだ。このほか、ゴールドウイン <8111> は直近3ヵ月の10-12月期に全四半期ベースの過去最高益を更新し、かつ通期計画も最高益を見込む、いわゆる利益成長が“青天井”状況になっている銘柄としてマークしておきたい。

          ┌ 対通期進捗率 ┐ ┌─ 経常利益 ─┐
コード 銘柄名    4-12月期  5年平均 通期計画 4-12月期
<2594> キーコーヒー    183    150    760   1392
<4538> 扶桑薬       180    143    600   1078 ★
<4547> キッセイ      142   94.2   2700   3832
<4112> 保土谷       140   54.5   1400   1962
<2282> 日ハム       128    103   26000   33400
<2831> はごろも      126    111   2200   2772
<5938> LIXILグ    121   79.0   44000   53236
<9684> スクエニHD    117   83.8   24000   27995
<2329> 東北新社      113   74.0   2774   3139
<4980> デクセリ      112   95.9   3750   4210

<4553> 東和薬品      106   84.6   14600   15430
<6366> 千代建       104   77.3   20000   20877
<1885> 東亜建       103   85.1   6100   6266
<7199> プレミアG     103   68.7   3141   3242
<8111> ゴルドウイン    103   84.9   16000   16499
<4839> WOWOW     103   87.4   8000   8218
<2602> 日清オイリオ    102   79.4   12500   12706 ★
<4923> COTA      102   86.6   1390   1412
<2613> Jオイル      102   87.5   6900   7047
<4951> エステー      101   86.3   3000   3032

※経常利益の単位は百万円。

株探ニュース

日経平均