市場ニュース

戻る

【特集】ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (14)有望成長株は花開く瞬間を待っている!

「企業が発表する情報を読み解き、急騰銘柄を探そう」

横山利香(ファイナンシャルプランナー、テクニカルアナリスト)


 個人投資家のみなさん、こんにちは! 株が大好き、認定テクニカルアナリストの横山利香です。

 新型コロナウイルスの感染拡大によって中国工場の生産停止が長引き、現在、国内外の企業の業績にどの程度の影響を及ぼすのかに注目が高まっています。

 突発的な不測の事態をきっかけに起こるショック安では、投資資金が一斉にリスク回避に動くため、業績の良し悪しにかかわらず多くの銘柄が売られてしまいます。

 ただし、株式市場の地合いが悪化したとしても、投資家の物色の対象になる銘柄は表れてきます。急騰急落と聞くと、噂や思惑で物色されるような銘柄を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、業績拡大や持続的な成長に向けて地道に準備を続けている企業が何かをきっかけに花開くこともあります。企業の取り組みに気づいていない人は株価上昇を噂や思惑によるものと思うかもしれませんが、早い段階で企業の取り組みに気づいて投資を行っている人もいるのです。

 では、何を参考にすれば企業の取り組みにいち早く気づけるのかといえば、企業が発表しているさまざまな情報に目を通しておくことに尽きるでしょう。

 今回は株探を利用して、企業がどのようなニュースを発表しているのか調べる方法や、どんなニュースが投資家から人気を集める傾向にあるのかをみていきましょう。

◆種類別に情報を絞り込める「会社開示情報」ページ

 まずはトップページの下の方に移動して、「開示情報(決算・業績修正を除く)更新日時」を確認しましょう(図1参照)。企業が発表する情報が随時更新されていて、トップページでは5銘柄が表示されています。5銘柄だけでは少ないですから、右下の「【開示情報】の一覧を見る」をクリックして、「会社開示情報」のページに移動しましょう。


図1 トップページに設けられた「開示情報」への扉
【タイトル】

 なお、株探のすべてのページの上部には、目的のページにすぐに移動するためのタブ(グローバルナビと呼びます)が用意されています。このグローバルナビにある「会社開示情報」のタブをクリックすることでも移動することができます(図2参照)。


図2 グローバルナビと「開示情報」のタブ
【タイトル】

 「会社開示情報」は、決算短信や配当金の変更など、企業が発表したさまざまな情報を参照することができます。これらの情報は「会社開示情報」のページの上にある「総合」「決算」「自社株取得」「エクイティ」「追加・訂正」「その他」のタブで種類別に分けられていますので、ニュースの内容を事前にタブで選別することができます(図3参照)。

 タブによる種類分けの内容について簡単に説明すると、企業が発表したすべてのリリースをまとめた「総合」、決算発表・業績修正や配当修正などについてのリリースをまとめた「決算」、企業が自社の株を買い付けるリリースをまとめた「自社株取得」、株式分割や株式売り出し・公募増資などのリリースをまとめた「エクイティ」、企業が発表した決算説明資料や決算の数値訂正などのリリースをまとめた「追加・訂正」、人事異動などその他のリリースをまとめた「その他」に分かれています。


図3 「会社開示情報」のページと種類別のタブ
【タイトル】

 まず企業が発表したすべての情報をまとめてある「総合」をみていきましょう。「総合」にはさまざまな内容の情報が時系列で表示されています。「総合」では企業が発表したすべてのリリースを確認できて便利ですが、正直たくさんありすぎて、どれが重要なのかを判断するには時間がかかります。あらかじめどのような情報を得たいのかを決めて、「総合」以外の項目から絞り込んでいった方がよいでしょう。

 なお、タイトルの末尾にある赤色のマークは、発表されたリリースがPDFファイルであることを示しています。タイトルとマークに張られているリンクをクリックすると、企業が発表したリリース(PDFファイル)が開きます(図4参照)。万一、PDFファイルを開くことができなかった場合、上の方に表示されている「※PDFファイルが正常に閲覧できない場合は右のアイコンをクリックしてください⇒PDFを別画面で開く」をクリックしてください(この案内が表示されない場合、別のブラウザで試してみてください)。


図4 開かれたリリース(PDFファイル)の一例
【タイトル】



<    >



株探ニュース

日経平均