市場ニュース

戻る

【材料】個人投資家中原良太:全力買い継続で+2万円【FISCOソーシャルレポーター】

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家中原良太氏(ブログ「株式予報」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2019年4月16日17時に執筆

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

「サピエンス全史」という本を、
貪るように読んでいます。

すごいですよ、この本。
全世界で1000万部も売れてるんだって。

しかも、読んでみると、
めちゃくちゃおもしろい。

人類の謎が解明されているようで、
「目からウロコ」の情報がたくさん。

30年ほど生きてきましたが、
「自分のルーツ(起源)」を、
今頃になって知りました。

学生の頃は、
「日本史」や「世界史」が、
めちゃくちゃ苦手だったんですが、

いまになってみて、
大切さが身に沁みています。
面白いなぁ。もっと勉強せねば。

さて。

4月16日。日本株市場は、
相変わらず、日経だけ上がってます(笑)

このいびつな相場環境は、
いつまで続くんでしょうね…?(疑問)

とはいえ、

小型株もさほど下がらなかったので、
チキンな僕も、さほど警戒することなく、
全力買いを継続しております。

4月は例年、
「株価が上がりやすい」という、
傾向があるんですけれども、

今年は、どこまで上がるかな。
楽しみにして見ています…。

【本日の資産変動】
4/15:969万7785円
4/16:971万7885円(+2万0100円)

◆  ◆  ◆

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

4月16日の日本株市場は、
日経平均株価だけが上がり、
それ以外は横ばいでした。

小型株は動きが弱く、
若干の値下がりが目立ちました。

いつも僕は、

「日本株が上がった翌日は、
続伸しやすい傾向があります!」

「日本株が下がった翌日は、
続落しやすい傾向があります!」

なんて話をしてきましたが、

とはいえ、

今回の反落については、
例外的に悲観する必要も無さそう。

というのも、

4月15日に大きく値上がりした分、
利益確定による反動売りが起きるのは、
まぁ、自然といえば自然な動きだからです。

16日の相場下落が、
「1日で2%の下落!」
とかだったら流石に慌てますが、

15日にTOPIXが1.5%上昇

16日にTOPIXが0.1%下落

という程度の、小幅な調整でしたから、
そこまで悲観ムードも強くないと思います。

よって、

中原の投資スタンスは、
昨日のまま強気を維持します。

【4/16時点の投資スタンス】
長期(1年間):売り
中期(3カ月):買い
短期(1カ月):買い
目先(1週間):買い

この投資スタンスに従うと、

現時点で株を持っていない人は、
「出遅れている株を追いかけて買う」
作戦で、お小遣い稼ぎくらいはできるかと。

一方、

現時点で株を持っている人は、
「大型株から小型株へ乗り換える」
といった作戦で、さらに利益を伸ばせそう。

かくいう僕自身のトレードですが、

月曜日に株を全力買いしたので、

相場が上がっている限りは、
がっちりホールドを継続します。

4月下旬?5月中旬にかけては、
好決算株が軒並み値上がりするんで、

いまのうちに、決算が好調な、
好業績株をがっつり保有しておいても、
お金を増やせそう。

ウォッチリスト銘柄の中から、
1?2銘柄くらい買ってみようかしら。

- 中原良太


----

執筆者名:中原良太
ブログ名:株式予報

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均