市場ニュース

戻る

【材料】イーエムシステムズ---3Qは計画通り順調に推移するも、前期までの減少分が影響

EMシステム <日足> 「株探」多機能チャートより

イーエムシステムズ<4820>は12日、2019年3月期第3四半期(2018年4~12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比8.0%減の96.17億円、営業利益が同13.0%減の20.14億円、経常利益が同10.4%減の24.95億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同10.0%減の16.75億円となった。

調剤システム事業及びその関連事業は、薬局チェーン店へのアプローチ強化、OEM供給等による販売チャネルの強化を引き続き行い、薬局向けシステム「Recepty NEXT」及び「ぶんぎょうめいと」の拡販に注力した。課金売上は順調に増加し、サプライ販売も引き続き堅調、売上高・営業利益ともにほぼ計画通りに推移した。

医科システム事業及びその関連事業は、全国的な販売チャネルの拡充を図るべく、クリニックの市場開拓を販売代理店経由で進めた。更に、医事会計システムの「MRN クラークスタイル」、「ユニメディカル」、及び電子カルテシステムの「MRN カルテスタイル」、「オルテア」の拡販に引き続き注力した。この結果、販売チャネルの着実な拡大とともにMRNの、新規導入、他社リプレースによる顧客数、課金売上も順調に増加し、サプライ販売も堅調に推移した。

その他の事業については、薬局経営事業は調剤報酬及び薬価改定の影響を一部受けたが、売上高、営業利益ともに計画を上回った。また株式会社ラソンテは、売上高・営業利益とも計画通りに推移している。
医療介護連携事業においては、クリニック・薬局・介護サービス事業者向けに提供している「ひろがるケアネット」の利用者拡大に注力している。
2019年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前年同期比5.8%減の131.46億円、営業利益が同22.9%減の23.62億円、経常利益が同17.3%増の29.93億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同14.7%減の20.20億円との予想を据え置いている。

2019年3月期第4四半期には、2018年11月発表のMAPsシリーズのクリニック向けシステム、MAPs for CLINICが投入される。また、介護システムとして、2019年2月1日にジャニスからの事業譲受、2019年2月28日にエムウィンソフトの子会社化により、クリニック・薬局・介護の情報連携を進めていく。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均