市場ニュース

戻る

【材料】日本ケミコン<6997>のフィスコ二期業績予想

日ケミコン <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年12月28日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本ケミコン<6997>

3ヶ月後
予想株価
1,900円

アルミ電解コンデンサのトップメーカー。アルミニウム電解箔の生産量は世界首位。19.3期2Qは中国・アジアで生活家電・車載関連の需要増で2桁増収、アルミ原価高騰は価格転嫁、拠点統廃合・経費削減で営業増益。

19.3期通期は増収大幅増益の予想。産機市場は環境厳しいが、主力のアルミ電解、車載新市場は堅調な伸びを見込む。特損追加計上。20.3期は微増収計画を予想。車載市場・自動走行など進展。株価は冴えない動き。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/144,000/7,500/7,000/2,800/171.94/30.00
20.3期連/F予/150,000/8,200/7,700/6,000/368.41/30.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/12/28
執筆者:HY

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均