市場ニュース

戻る

【材料】島根銀行<7150>のフィスコ二期業績予想

島根銀行 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2019年1月8日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

島根銀行<7150>

3ヶ月後
予想株価
750円

島根県と鳥取県を地盤とする地銀。創業100年超の歴史を持つ。昨年9月末の自己資本比率(国内基準)は8.1%。昨年12月、地域経済の活性化を目的に第一勧業信用組合と包括提携協定を締結。19.3期2Qは苦戦。

19.3期は個人ローンや中小向け貸出金の拡大で低金利の影響を跳ね返せず。投信・保険販売も伸び悩む。株式・債券売却益減少。業務効率化や経費削減を進めるが、利益後退か。業績低迷が響き、株価の戻りは弱いと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/8,360/0/520/360/64.83/50.00
20.3連/F予/8,400/0/540/370/66.90/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/01/08
執筆者:JK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均