市場ニュース

戻る
2018年06月28日12時17分

【市況】注目銘柄ダイジェスト(前場):ハイデ日高、日新薬、グリムスなど

住友大阪 <日足> 「株探」多機能チャートより

住友大阪<5232>:523円(+6円)
続伸。クレディ・スイス証券では投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価も490円から600円に引き上げている。今期以降の配当性向目標40%への引き上げ、大阪における万博および統合型リゾート施設建設決定への期待の高まり、21.3期以降の光電子事業の本格回復などを今後株価は織り込んでいくとみているもようだ。一方、格下げしている太平洋セメントは軟調な動きに。


石油資源<1662>:2922円(+143円)
大幅続伸。カナダ・オイルサンド拡張開発事業において、日量2万バレルでの安定生産操業に移行したと発表している。昨年8月に本格生産操業を開始していた。今後の業績寄与に対する期待感が高まる形にもなっているようだ。また、米国原油在庫の減少を受けて、前日のNY原油相場が大幅に上昇していることも、原油高メリット銘柄として支援材料につながっている。


ハイデ日高<7611>:2425円(-272円)
大幅反落で下落率トップ。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は13.6億円で前年同期比6%減益、上半期予想は27.6億円で同4%増益であり、下振れスタートと捉えられる形のようだ。無洗米やビールなどの食材の値上げによる原価率の上昇に加えて、処遇改善のためのベースアップによる人件費の増加、新規出店の増加などコスト負担増も重しになった。既存店が堅調推移となっていたことから、減益決算にはやや意外感も。


日新薬<4516>:6790円(+380円)
大幅続伸。デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬の日米臨床試験の結果が好感されている。24週間投与でのジストロフィンタンパク質の明確な発現が確認されているようだ。足元では、Sarepta社のマイクロジストロフィンによる遺伝子治療との競合懸念が強まっていたが、遺伝子治療とは直接的な競合にはならないとの見方もあり、良好な試験結果を受けた今後の展開に対する期待感が優勢になっている。


昭和シェル<5002>:1665円(-63円)
大幅反落。出光興産と2019年4月に統合新会社を設立する方針を固めたと報じられている。出光興産の創業家が統合に賛成する意向に転じたもよう。新会社のガソリン販売シェアは30%に高まり、JXHDとの2強体制が確立されることになる。前日にも報道が伝わり一時急伸したが、経営統合の形態は株式交換による合併の可能性とされているため、TOBプレミアムが付与されていたとみられる同社にとっては、相対的に好反応が限定的に。


シダックス<4837>:450円(+7円)
大幅に3日続伸。19年3月期の営業損益予想を18.00億円の黒字(前期実績11.69億円の黒字)、純損益予想を2.00億円の黒字(同13.96億円の赤字)と発表している。配当予想は15.00円(同15.00円)。好調なトータルアウトソーシングサービス事業に経営資源を集中する。業績予想通りなら金融機関と締結しているシンジケートローン契約の財務制限条項に抵触するが、変更契約についておおむね合意を得ているという。


グリムス<3150>:3760円(-225円)
朝高後にマイナス転換。年初来高値更新後は利益確定売りが優勢となっている。7月31日を基準日に1株を2株に分割すると発表している。投資単位当たりの金額を引き下げ、流動性向上と投資家層の拡大を図る。19年3月期の年間配当を従来予想の25.00円から12.50円に修正するが、株式分割に伴うもので実質的な変更はない。また、19年3月期から21年3月期までの「2018中期経営計画」を策定した。営業利益目標は、19年3月期が12.73億円、20年3月期が15.06億円、21年3月期が17.15億円。


夢真HD<2362>:1154円(+48円)
大幅に5日ぶり反発。新たに株主優待制度を導入すると発表している。9月30日現在で300株以上保有する株主が対象。300~399株を保有している場合で3000ポイント(2年目3300ポイント)の優待ポイントを贈呈する。最高は2000株以上の2万ポイント(同2万2000ポイント)。優待ポイントは特設サイトで食品、電化製品、ギフト、旅行・体験及び化粧品などの商品・サービスと交換できる。


オンキヨー<6628>:114円(±0円)
一時119円まで上昇。資本業務提携を進めていた河合楽器製作所<7952>との資本提携を解消すると発表している。業務提携は継続する。新しい電子ピアノの開発など一定の成果が得られていることから、資本提携がなくても支障がないと判断した。オンキヨーは保有する河合楽器株45万0500株のうち18万株を売却し、特別利益5.10億円を計上する見通し。河合楽器もオンキヨー株808万0600株を所有している。

《ST》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均