市場ニュース

戻る
2018年05月29日15時31分

【経済】三菱UFJ銀行は、ブロックチェーン決済ネットワークを2019年に始める


三菱UFJ銀行【関東財務局長(登金)第5号】は、Akamaiのブロックチェーンネットワークを利用して、小額決済やIoTアプリケーション向けの、新しい決済プラットフォームを展開する予定である。
三菱UFJ銀行によると、2019年に出荷を予定しているこの新しいプラットフォームのテストでは、毎秒100万件のトランザクションを処理する能力と2秒未満でトランザクションを完成させる能力を実証しているという。
また、三菱UFJ銀行の話では、この処理能力をさらに拡張し、1秒間に1000万件のトランザクションを処理できる可能性もあるという。
ネットワークは、三菱UFG銀行のデジタル通貨資産である「MUFGコイン」を来年に導入して、初めての検証を受ける可能性が高い。
日本円と1対1で固定されている「MUFGコイン」をスマートフォンにダウンロードできるので、小額決済やP2P送金、オンラインショッピングなどに利用できる。
三菱UFJ銀行は、2019年初めに、東京のいくつかの一部の加盟店で、約10万人の口座保有者を対象に、パイロット試験的を計画していると理解されている。
出典はこちら


【ニュース提供・エムトレ】

《HT》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均