市場ニュース

戻る
2018年05月25日11時44分

【経済】海外投資家は7週連続の買い越し、SMBC日興証券(花田浩菜)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

5/25付の「DailyOutlook」では、海外投資家の売買動向について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『5月第3週の東京株式市場では、海外投資家は3,556億円と7週連続の買い越しとなった』と伝えています。

続けて、この間の買い越し総額は約2.5兆円となることを挙げ、『今年年初から3月にかけて約9.4兆円の売り越しであったことに鑑みると、今後も海外投資家の買い越し基調が続くことが期待される』と分析しています。

さらに、『日経平均が今年の高値をつけた1月23日以降、3月末にかけては外国人持ち株比率が高い銘柄が市場をアンダーパフォームした。これはチャイナショックで海外投資家が大きく売り越した2015年8月ごろと同じ相場展開だ。当時もその後の反発局面では、海外投資家が買い越しに転じるとともに、外国人持ち株比率が高い銘柄群が相対的に高い上昇率を示した。今回も同様な銘柄物色が想定されよう』とまとめています。

最後にレポートでは、『日経平均株価と主な投資部門別売買動向の推移』をグラフにして紹介していますので、詳しくは5/25付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均