市場ニュース

戻る

【特集】「半導体製造装置」の人気上昇、関連企業の好業績見通しが刺激材料に<注目テーマ>

TOPIX <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・トップTOP10
1 人工知能
2 ブロックチェーン
3 全固体電池
4 5G
5 仮想通貨
6 セルフレジ
7 カジノ関連
8 RPA
9 eスポーツ
10 TOPIXコア30

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「半導体製造装置」関連が11位となっている。

 半導体製造装置とは、半導体の形状加工や組み立て、検査など半導体を製造する過程で使用される装置のことで、各工程に特化した装置を手掛ける企業や複数の工程の装置を手掛ける企業がある。また、半導体製造装置の専業メーカーだけでなく、精密機器メーカーや電子機器メーカーなどで半導体製造装置を手掛ける企業もあり裾野は広い。

 半導体製造装置関連銘柄の代表格である東京エレクトロン<8035>が25日の取引終了後に発表した19年3月期通期の連結業績予想は、売上高1兆4000億円(前期比23.8%増)、営業利益3660億円(同30.2%増)、純利益2700億円(同32.1%増)と3割強の営業増益を見込むほか、年間配当は前期比199円増の823円を予定していることが好感され、26日の株価は急反発して全体相場上昇の牽引役となった。データセンター向けサーバの好調なメモリ需要に伴いDRAM需要がひっ迫していることを背景に、半導体製造装置の大幅な伸長を見込んでいる。

 さらに、アドバンテスト<6857>が26日の取引終了後に発表した19年3月期通期の連結業績予想は、売上高2300億円(前期比11.0%増)、営業利益345億円(同40.9%増)、純利益278億円(同53.6%増)と大幅増益を見込んでいることが好感され、27日の株価は続急伸し年初来高値を更新している。引き続き半導体テスタ市場の活況持続を予想しており、ハイパフォーマンス・コンピューティングや車載、ディスプレー関連を中心に非メモリ・テスタの伸びを見込むほか、顧客のDRAM後工程テスタの増強投資を受けてメモリ・テスタ事業も増加する見通し。

 このほかに、主な半導体製造装置関連銘柄としては、SCREENホールディングス<7735>、東京精密<7729>、SUMCO<3436>、キヤノン<7751>、ディスコ<6146>、芝浦メカトロニクス<6590>、日立ハイテクノロジーズ<8036>、アルバック<6728>、新川<6274>などがある。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均