市場ニュース

戻る

【特集】アーバネット Research Memo(11):2018年6月期は減配予想だが高い配当水準を維持

アーバネット <日足> 「株探」多機能チャートより

■株主還元

アーバネットコーポレーション<3242>の剰余金配当は、配当性向35%(税効果会計による影響を除く)を目標としている。2017年6月期は、期初予想を上回る大幅な増益となったことから、2016年6月期比5.0円の増配となる年21.0円配(中間9.0円、期末12.0円)を実施した(配当性向35.8%)。ただ、2018年6月期については、減益予想となっていることから2017年6月期比8.0円減配となる年13.0円配(中間7.0円、期末6.0円)を予定している(予想配当性向38.4%)。

もっとも、1棟一括直接販売などにより大幅な増益を実現してきた過去2期と比べると減配になるものの、依然として高い配当水準を維持していると評価するのが妥当だろう。また、同社の比較的安定した事業特性や収益基盤を踏まえ、中期的にも利益成長に伴う増配の余地を含め、今後も高い配当水準が継続される可能性が高いとみている。

また、中長期保有の促進のため、株主優待制度の新設を発表した(2018年6月30日現在の株主を対象に開始)。毎年6月30日現在の株主※を対象として、保有する株式数及び保有期間に応じた株主優待ポイントを贈呈する内容となっている。

※同社株式10単元(1000株)以上を保有。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《NB》

 提供:フィスコ

日経平均