市場ニュース

戻る
2018年03月10日19時30分

【特集】IPO銘柄に“集中物色”気配の理由、2018年春「新規上場注目株」は <株探トップ特集>

いよいよ本格化する2018年春の注目IPO銘柄は? ここまでに登場した3社はすべて公開価格2倍超の初値を形成。上値の重い全体相場とは裏腹に、高い人気が続いている。

―適温相場のIPO戦線、「QBハウス」から「元Jリーガー」まで注目IPO総チェック―

 3月IPOが来週15日から本格化する。今月は14社が登場。その内訳は、キュービーネットホールディングス <6571> [東証]のような注目の大型株から、IT関連、不動産や和装品までさまざまな業種の企業が株式公開を果たす。今年は3月期末のIPOとしては銘柄数が例年に比べ、若干少なめだが米国動向に左右される気迷い相場が続くなか、値動きの軽い新規上場株は集中物色される可能性もある。

●新年IPO3社の初値は公開価格比2倍超に急騰

 3月IPOは、15日の神戸天然物化学 <6568> [東証M]から本格スタートする。2日に東証マザーズへ上場したSERIOホールディングス <6567> [東証M]を含め、3月は14社が登場する。また、4月IPOも4社が発表されている。昨年3月は20社超が新規上場しただけに、今年はやや少なめだ。市場では、「2月以降の波乱相場を受けIPOを延期した企業もあるのでは」との見方も出ている。

 もっとも、今年に入りMマート <4380> [東証M]、ジェイテックコーポレーション <3446> [東証M]、SERIOホールディングスの3社がIPOを果たしたが、いずれも上場初日は買い殺到で値がつかず、2日目に公開価格から2倍超の水準で初値は成立するなど、IPO人気は高い。

 ある小型株アナリストは「中小型株物色に適しているのは、東証1部銘柄を物色するには上値が重いが、全体相場の下値は限られるような相場」といい、薄曇り状態が最適とみる。日経平均株価は2月以降、波乱展開となり2万1000円前後まで下落したが、下げ止まりの期待も高まっている。それだけに、市場が落ち着けば、全体相場の影響を受けにくい中小型株中心のIPO銘柄は、人気が集中しやすい状態とも言える。

●投資ファンド絡みのQBネットHDは上値重い展開か

 そんななか、関心を集めているのが23日に東証1部あるいは同2部に上場するキュービーネットホールディングスだ。同社は、格安料金(税込み1080円)のヘアカット専門店「QBハウス」を全国展開しており、有名企業のIPOとして関心を集めている。国内に限らずアジアや米国など海外展開を進めており、今後の成長が期待されている。ただ、投資ファンドの「インテグラル」が大量の売り出しを予定。「上場時の上値は抑えられそうだ」(アナリスト)との見方が出ている。

 同様に、20日に東証2部へ上場を予定する仮設資材を手掛ける信和 <3447> [東証2]も、インテグラによる株式売り出しが予定されている。両銘柄ともに公募は実施されない。いわゆる「出口案件」銘柄の初値は飛ばないことが多いが、ファンド絡みの案件でもスシローグローバルホールディングス <3563> のように一定の時間を経て値を上げる銘柄も少なくない。それだけに、ファンド絡みの両社は中長期姿勢での投資対象としてみる必要がありそうだ。

●RPA、アジャイルM、神戸天然物化学、SOUなどに熱視線

 一方、人気化が期待される注目銘柄としては27日に東証マザーズに上場するRPAホールディングス <6572> [東証M]の名前が挙がっている。同社は「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」と呼ばれるホワイトカラーの自動化技術を手掛ける。RPAは「デジタルレイバー」や「仮想知的労働者」と呼ばれ、バックオフィス部門の業務を自動化するもの。慢性的な人手不足に悩むなか、働き方改革を進める日本企業にとって、RPAへの需要は今後、急拡大が見込まれている。

 同じく、IT系では28日にアジャイルメディア・ネットワーク <6573> [東証M]が東証マザーズに上場する。同社は、商品や製品のファンを対象に口コミの活性化や購買を促進するサービスを提供している。自発的に口コミや推奨するファンを「アンバサダー」と定義。アンバサダーの情報発信力、ノウハウを活用し、プロモーションや販売促進、商品開発を支援する事業などを展開している。

 また、15日に東証マザーズに上場する神戸天然物化学は、医薬品や半導体材料など有機化合物の受託研究やその他製品生産を手掛けている。医薬原薬やバイオ医薬研究用製品などバイオ事業部門も成長している。

 さらに22日に東証マザーズに上場するSOU <9270> [東証M]は、中古ブランド品買取専門店「なんぼや」を運営。同社の嵜本晋輔社長は元Jリーガー。異色の経歴を持つ経営者としても注目されている。

◆3月中旬以降、予定されているIPOの一覧◆

上場日  市場・コード 銘柄
3月15日 東マ・6568  神戸天然物化学
 16日 東マ・3489  フェイスネットワーク
 16日 東1・6569  日総工産
 19日 東2・6570  共和コーポレーション
 20日 東2・3447  信和
 22日 東マ・9270  SOU
 23日 未定・6571  キュービーネットホールディングス
 23日 東マ・9450  ファイバーゲート
 27日 東マ・6572  RPAホールディングス
 28日 東マ・6573  アジャイルメディア・ネットワーク
 29日 JQ・3490  アズ企画設計
 29日 東マ・9271  和心
 30日 東マ・7320  日本リビング保証
4月 3日 東マ・9272  ブティックス
  4日 東マ・4381  ビープラッツ
 10日 東マ・6575  ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス
 11日 東マ・6574  コンヴァノ

注:未定は東証1部または2部

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均