市場ニュース

戻る

【経済】中期的な米インフレ見通しについては予断を持てない状況か


 米労働省が6日に発表した9月雇用統計では、非農業部門雇用者数は前月比-3.3万人となり、市場予想の+8万人程度を大幅に下回ったが、市場が注目した平均時間給は前年比+2.9%のやや高い伸びとなり、市場予想の+2.6%を上回った。失業率は8月の4.4%から4.2%に低下した。

 9月の就業者数が減少した理由について市場関係者の多くは「ハリケーンの被害による一時的な影響」と見ている。そのため、10月の非農業部門雇用者数は大幅な反動増が予想されている。ただし、平均時給が10月以降も2.9%前後のやや高い伸び率を維持することは難しいとの声が聞かれている。断定はできないが、ハリケーンの影響が多業種に及んでいる可能性があるとみられており、市場関係者の一部は「10月の平均時給の伸び率は前月比マイナスとなる可能性がある」と予想している。外為市場は米12月追加利上げを完全に織り込んでいるが、中期的なインフレ見通しについては予断を許さない状況が続くとみられる。
《MK》

 提供:フィスコ

日経平均