市場ニュース

戻る
2017年04月25日20時00分

【特集】新ステージ突入“東京市場”、特選「リード役」銘柄リストアップ <株探トップ特集>

ケーズHD <日足> 「株探」多機能チャートより

―1万9000円復帰で注目の高値圏&割安株、軟調局面の「逆行高」銘柄を追え―

 25日の東京株式市場は、懸念されていた北朝鮮による軍事的な挑発行為が伝えられなかったことから、地政学リスクへの警戒感が和らぎ買い優勢の展開となった。日経平均株価は終値で、3月30日以来約1ヵ月ぶりに1万9000円台を回復した。反転上昇相場が勢いを増すなか、今後のリード役として4月半ばまでの全般調整局面でも逆行高を続け、強さを発揮してきた年初来高値圏にある割安銘柄に注目した。

●中部飼料の18年3月期は提携先への拡販が寄与

 中部飼料 <2053> は18日に17年3月期連結業績予想の上方修正を発表した。売上高1700億円を1710億円(前の期比0.5%増)へ、経常利益43億円を49億円(同31.3%増)へそれぞれ増額修正した。主力の飼料事業で、畜産飼料の販売数量が計画を上回ったことに加え、水産飼料の戦略製品の販売が引き続き好調だったことが寄与している。18年3月期は、原料となるトウモロコシや大豆価格の上昇を背景に17年4-6月期の畜産配合飼料販売価格の値上げを打ち出したことによる利益面の改善や、15年7月末に資本・業務提携した日本ハム <2282> グループと伊藤ハム米久ホールディングス <2296> グループへの拡販が想定されるため、堅調な業績推移が予想される。

●小松ウオールの18年3月期経常利益はV字回復予想

 小松ウオール工業 <7949> は20日、18年3月期の単独業績見通しを発表した。売上高325億円(前期比9.9%増)、経常利益30億円(同39.2%増)とV字回復を予想している。17年3月期の経常利益は、21億5500万円(前の期比25.9%減)となった。前期は工事案件の採算悪化や人件費などの固定費が増加したことが響き大幅減益となった。一方今期は、同社の特長である「設計指定活動」による受注活動を推進し、受注から設計、製造、販売、施工、サービスまでの「自社一貫システム」を生かして、より多くの製品を迅速に提供する。

●ケーズHDは過度な価格競争一服で粗利益率が改善

 ケーズホールディングス <8282> が2月2日に発表した17年3月期第3四半期累計(16年4-12月)の連結経常利益は、234億300万円(前年同期比14.8%増)となり、通期予想経常利益300億円に対する進捗率は78.0%と好調な推移となっており、通期経常利益が上振れとなる可能性もある。同社の既存店売上高は、第3四半期累計で前年同期比1.1%減となったものの、その一方で粗利益率は同1.0ポイント改善しており、過度な価格競争が一服したことが利益を押し上げていることが明らか。18年3月期以降は、白物家電の買い替えや4Kテレビ需要の拡大が予想される。同社は家電販売に特化していることから需要回復による恩恵を受けやすく、中期的にも増益基調継続が期待できそうだ。

●イズミは18年2月期に新規SC2店舗を出店

 中四国・九州を地盤とする総合スーパーのイズミ <8273> は11日、18年2月期通期の連結業績予想を公表した。売上高7481億円(前期比6.5%増)、経常利益387億円(同8.4%増)と好業績を見込む。店舗展開では、17年4月に3つの核テナントとして、イズミ・カインズ・広島T-SITEからなる大型商業施設「LECT(レクト)」(広島市西区)、5月にはショッピングセンター「ゆめタウン江津」(島根県江津市)の2店舗を新規出店する予定。さらに、既存店では地域一番店の利便性をさらに高めるべくハード・ソフト両面でのリニューアルを推進する。なお、今期の既存店売上高は前年比1.1%増を見込んでいる。さらに、自己株式719万6720株(消却前の発行済み株式総数の9.1%)を4月28日付で消却すると発表したことに加え、社外取締役にニトリホールディングス <9843> の似鳥昭雄会長を選任したと発表したことも好材料視されている。

●テー・オー・ダブリューはスポーツイベント企画で新会社設立

 展示会などのイベント企画運営大手のテー・オー・ダブリュー <4767> は、17年6月期の連結業績を売上高160億3200万円(前期比5.3%増)、経常利益17億9200万円(同6.6%増)と見込んでいる。同社は、デジタル技術とアイデアで感動体験を創りだし、その体験を情報拡散・共感させるプロモーションであるインタラクティブ・プロモーションの強化による営業活動および受注管理の強化や、グループ経営の強化に注力している。東京五輪に向けたスポーツイベントのプランニングとプロデュースの受注を目指して3社共同の新会社「スポーツイズグッド」を16年8月に設立している。

◆主な年初来高値圏にある割安銘柄◆

銘柄 <コード>     株価   PER
新日空調 <1952>    1396  11.8
日本電設 <1950>    2205  14.6
中部飼 <2053>     1288  11.5
SFOODS <2292>  3325  13.3
JBR <2453>      261  12.1

綿半HD <3199>    1796  14.0
KHネオケム <4189>  1560  10.1
ケネディクス <4321>   508  11.5
TOW <4767>      753  14.3
タツタ <5809>      551  12.4

EIZO <6737>    3660  14.5
藤森工業 <7917>    3420  14.0
小松ウオール <7949>  2023   9.3
兼松 <8020>       218   9.2
ワキタ <8125>     1266  14.0

MrMax <8203>    466   9.1
イズミ <8273>     5640  15.3
ケーズHD <8282>   2156  12.1
ジャステック <9717>  1230  14.2
白洋舎 <9731>     2980  14.3

ベルーナ <9997>    1020  14.2

※株価は25日終値(単位:円、倍)

株探ニュース

日経平均