市場ニュース

戻る
2017年03月21日12時00分

【特集】<話題の焦点>=4月1日社名(商号)変更銘柄、イメージ一新で飛躍目指す

富士重 <日足> 「株探」多機能チャートより
 桜の開花予想も話題となり、4月新年度のスタートが間近に迫った。上場企業にとっても新たなスタートの時期で、毎年新年度を機に社名(商号)変更に踏み切るケースも多い。持ち株会社制度を採用して社名に「ホールディングス」を加える企業が多いなか、経営統合、新事業分野への進出、ブランド名と社名との統一など、背景はさまざまだが、各社ともに一段の飛躍を社名変更に託している点は共通している。

 富士重工業<7270>は、新社名を「SUBARU」に変更する。同社は今年で創業100周年を迎えるのを機に、長年親しまれてきた社名を変えて、ブランド名と統一させることを決断した。その目的について同社では「“スバルブランドを磨く”取り組みをさらに加速させ、スバルを自動車と航空宇宙事業における魅力あるグローバルブランドとして成長させること」としている。

 国内最大級の不動産・住宅情報サイト「HOME’S」を運営するネクスト<2120>は、設立20年目を機に社名を「LIFULL(ライフル)」に変更、本社も移転してグローバル企業へと新たなスタートを切る。新社名には「世界中のあらゆる人々の人生や暮らし(LIFE)を満たす(FULL)」、「笑顔あふれるしあわせな暮らしを提供する」という意味が込められている。「HOME’S」という住み替えのメディアに留まらない幅広いサービスを目指す。

 JXホールディングス<5020>は、東燃ゼネラル石油<5012>との経営統合を機に「JXTGホールディングス」に変更する。両社では「両社グループの経営資源を結集し、さらには徹底した事業変革を成し遂げることにより、企業価値を最大化させるため」としている。一方、プラスチック加工大手でIT向け樹脂板トップのタキロン<4215>は、同社の筆頭株主である伊藤忠商事<8001>の子会社で、農業用フィルム、化粧シートの製造を手掛けるシーアイ化成との経営統合にともない「タキロンシーアイ」に変更する。

 このほかに、均一料金のアイウエア(眼鏡)販売を手掛けるジェイアイエヌ<3046>は、ブランド名の「ジンズ」に、コカ・コーラウエスト<2579>はコカ・コーライーストジャパン<2580>と経営統合し「コカ・コーラボトラーズジャパン」に、企業物流大手のセンコー<9069>は、「センコーグループホールディングス」に、各種自動化機器のワイエイシイ<6298>は「ワイエイシイホールディングス」に、それぞれ変更される。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均