市場ニュース

戻る
2017年03月19日19時30分

【特集】上値期待膨らむ、低PERの【増収増益】リスト[東証1部]編 <成長株特集>

エスリード <日足> 「株探」多機能チャートより
 日経平均株価は10日に終値ベースの昨年来高値を更新しボックス相場の上限を突破したものの、その後は円高進行や手がかり材料難のなか上値が重い展開が続いている。ただ、下値では好業績銘柄を中心に押し目買いの動きもみられる。本特集では、足元の業績が好調で、かつ株式指標面で割安感が強く株価の上値余地が大きいとみられる銘柄をピックアップしてみた(3月17日現在)。

 下表では、本決算月にかかわらず、東証1部上場銘柄を対象に、(1)直近四半期の売上高と経常利益が前年同期比で連続して増加、(2)直近四半期の増益率が15%以上、(3)予想PERが12.5倍以下(東証1部平均は17.1倍)、(4)最終利益が経常利益の80%以下、といった条件を満たした41社を選び出し、増益率の高い順に記した。

 増益率トップの日本エスリード <8877> はマンションの引き渡しが進み、10-12月期(第3四半期)経常利益は前年同期比6.0倍の12.7億円に急拡大して着地。株価は2008年2月以来9年ぶりの高値圏で推移しているが、予想PERは8.8倍と割安感が強く上値期待は大きい。4位には同じくマンション販売を主力とするプレサンスコーポレーション <3254> が入っている。2位のワールドホールディングス <2429> は人手不足が深刻化するなか、10-12月が繁忙期の物流分野や半導体関連の人材派遣が伸びた。

 3位の日新電機 <6641> は液晶・有機EL製造用イオン注入装置の受注が好調で、全四半期ベースの過去最高益を更新した。6位の東プレ <5975> は自動車用プレス部品や冷凍車、10位の日本ピラー工業 <6490> は半導体製造装置向け樹脂関連製品の販売が好調だった。8位の太平電業 <1968> は事業用発電設備工事の増加やコスト削減の進展で経常利益は2.2倍に膨らんだ。11位の住友林業 <1911> は海外2社の買収効果や持分法投資利益の増加などが利益拡大に貢献した。

 このほか、直近四半期に全四半期ベースの最高益を更新した、安藤・間 <1719> 、イソライト工業 <5358> 、ヨータイ <5357> 、ナカバヤシ <7987> 、大林組 <1802> などは利益水準が高く上値余地も大きい銘柄群として注目したい。

※明日20日(月)19時30分に、新興市場と東証2部上場銘柄を対象とする「上値期待膨らむ、低PERの【増収増益】リスト[新興&2部]編」を配信する予定です。ご期待ください。

            ┌ 経常利益 ┐   ┌ 売上高 ┐   増収増益 予想
コード 銘柄名    増益率 直近四半期 増収率 直近四半期 連続期数  PER
<8877> エスリード    503    1278  59.8    9241    4  8.8
<2429> ワールドHD   286    852  35.1   24659    2  10.7
<6641> 日新電      236    7920  42.1   35946    5  12.2
<3254> プレサンス    211    382  52.4   11463    2  8.5
<4845> スカラ      176    384   326    2753    6  4.8
<5975> 東プレ      142    7619  19.1   41700    2  12.0
<7723> 愛時計      118    869   8.4    9693    4  11.3
<1968> 太平電      116    1587   7.2   18308    2  10.5
<9130> 共栄タ      104    363  10.6    3270    4  8.6
<6490> ピラー     99.8    1708  22.4    6877    2  12.5

<1911> 住友林     85.6    7751   6.0   258252    3  10.8
<1719> 安藤ハザマ   80.2   13446   1.7   105561    2  6.2
<9717> ジャステック  67.2    570   3.4    3811    4  12.1
<6916> アイオデータ  63.9    631   3.5   12656    5  10.4
<5358> イソライト   61.4    623   4.6    3695    2  8.6
<1925> 大和ハウス   60.6   66977  15.4   815878    3  11.9
<3104> 富士紡HD   48.6    1479  11.8   10452    4  9.1
<1766> 東建コーポ   47.5    6137  10.4   79854    2  11.8
<1928> 積水ハウス   46.5   63524  17.5   581191    2  10.3
<5357> ヨータイ    40.1    569   6.5    5616    4  7.9

<5942> フイルコン   40.1    496  10.3    6890    3  11.0
<1976> 明星工     39.9    1671  25.1   13131    2  10.3
<9763> 丸紅リ     38.2    452   2.1    5579    2  8.8
<3228> 三栄建築    34.7    889  22.6   12121    4  5.8
<9428> クロップス   32.0    367   2.9    9078    6  10.3
<1959> 九電工     32.0    6703  13.1   74929    2  10.6
<7987> ナカバヤシ   31.7    1089   1.1   15497    2  10.4
<5957> 日東精     30.0    589  27.5    7738    4  11.3
<9856> ケーユーHD  28.9    1335  12.8   20174    2  11.2
<1802> 大林組     25.9   42403   2.6   474201    3  9.4

<3941> レンゴー    25.6    8598   0.5   140200    7  10.9
<8098> 稲畑産     25.3    4186   0.2   150515    2  10.0
<1926> ライト     25.2    2882  12.2   26775    3  9.5
<7467> 萩原電気    24.3    794   6.1   24872    2  9.5
<9896> JKHD    23.5    1786   2.6   89370    5  8.5
<2733> あらた     21.1    2483   3.6   183954    7  11.2
<1934> ユアテック   20.0    4443   5.6   56319    2  7.0
<6013> タクマ     19.8    3471   8.8   31413    2  10.9
<9678> カナモト    19.3    4848  11.0   38937    2  11.8
<3107> ダイワボウ   19.3    2174   7.5   145541    6  12.3

<2410> キャリアデザ  15.5    112  14.1    2172    4  10.6

※売上高、経常利益の単位は百万円。増益率、増収率は前年同期に比べた増加率、単位は%。連続期数は四半期ベースの連続回数。
※対象条件について、「最終利益が経常利益の80%以上」の企業は、特別利益や税控除などにより一時的に最終利益がかさ上げされているケースが多いため、対象から除いた。

株探ニュース

日経平均