市場ニュース

戻る
2017年03月21日10時44分

【材料】トミタ電機が強含む、18年1月期営業損益は黒字化の見通し

トミタ電機 <日足> 「株探」多機能チャートより
 トミタ電機<6898>は強含みもみ合い。同社は17日取引終了後、18年1月期の連結業績予想を発表した。売上高は15億5700万円(前期比9.4%増)、営業損益は3200万円の黒字(前期8700万円の赤字)、最終損益は1900万円の黒字(同1億2500万円の赤字)を見込んでいる。車載、産業機器、IoT、医療機器、省エネ・環境分野を主眼に国内外市場での新規開拓に注力し、海外生産工場の品質改善や合理化が利益に寄与する見通しだ。

 なお、17年1月期連結決算は売上高14億2300万円(前の期比11.0%減)、営業損益8700万円の赤字(前の期2億1600万円の赤字)、最終損益1億2500万円の赤字(同2億円の赤字)と減収ながら赤字幅を縮小させている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均