市場ニュース

戻る
2017年03月17日12時47分

【市況】日経平均は71円安でスタート、ファナックやファーストリテが下支え役となる展開に/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 19518.36 (-71.78)
TOPIX  : 1564.81 (-7.88)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から下げ幅を縮め、19500円を回復して始まっている。ランチタイムの225先物は19380-19400円での狭いレンジ取引。昼のバスケットは売り買いトントンとの観測。円相場は1ドル113円40銭辺りでの推移が続いている。

 セクターでは鉱業、パルプ紙、証券が小幅に上昇。一方で、海運、電力ガス、医薬品、その他金融、石油石炭、陸運、不動産が冴えない。売買代金上位では、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>が引き続きプラス圏での推移となり、日経平均を下支え。その他、東芝<6502>、ソニー<6758>がしっかり。
《SK》

 提供:フィスコ

日経平均