市場ニュース

戻る
2017年03月14日12時30分

【材料】ラックが切り返す、「プロテクトキャット」へサイバー攻撃リモート解析サービスを提供

ラック <日足> 「株探」多機能チャートより
 ラック<3857>が朝安スタートのあと切り返している。午前11時ごろ、エムオーテックス(大阪市淀川区)が販売する「プロテクトキャットPowered by Cylance」の利用者に対し、サイバー攻撃リモート解析サービス「インシデント マネジメント サービス」を提供すると発表しており、業績への寄与を期待した買いが入っている。

 「インシデント マネジメント サービス」は、利用企業に代わってリモート解析を行い、二次被害の発生を防ぎ損害を最小限に食い止めるサービス。「プロテクトキャット」のユーザーに対して同サービスを提供することで、サイバー攻撃を検知した際の初動対応を支援するほか、重度な被害が確認された際にはラックのサイバー救急センターと連携し、速やかな緊急対応の提供を実現するとしている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均