市場ニュース

戻る
2017年03月08日09時00分

【材料】ファナック、任天堂など3社◆今日のフィスコ注目銘柄◆

ファナック <日足> 「株探」多機能チャートより

ファナック<6954>

米経済誌バロンズでは、トランプ大統領が製造業の米国脱出を阻止しようとしているため、労働コスト削減を目的としたロボットの利用増加が予想されると掲載している。米国の労働者にとって、中国によるロボットの利用が、米国内のロボットよりも脅威であるとも伝えている。また、注目銘柄として、ファナック、KUKA、ABB、安川電機などを挙げている。



任天堂<7974>

リバウンド基調が強まっており、直近もち合いレンジを突破し、1月の戻り高値水準を捉えてきている。一目均衡表では雲下限を突破し、雲上限が位置する26500円処が意識されてきている。遅行スパンは実線を突破し、上方シグナルを発生。まずは、昨年12月の下落局面で空けていたマド(25430-26030円)埋めを意識したスタンスか。



シャープ<6753>

約1000億円を投じて有機ELパネルの生産計画を拡大する見通しと米誌WSJが、事情に詳しい関係者の話として報じている。株価は順調なリバウンド基調が継続しており、上昇する13週線が支持線として機能している。

《SK》

 提供:フィスコ

日経平均