市場ニュース

戻る
2017年03月07日16時07分

【特集】神戸物産 Research Memo(6):優待と配当金で株主に還元

神戸物産 <日足> 「株探」多機能チャートより

■株主還元策について

株主還元策として、神戸物産<3038>では経営成績に応じた配当金のほかに、株主優待制度も導入している。配当金に関しては事業拡大のための資金を確保しつつ、安定配当を行っていくことを基本方針としている。2017年10月期については、前期比横ばいの45円を予定している。ただ、配当性向で見ると前期の25.8%から16.6%に低下する見込みであり、ここ数期間の配当性向の水準を考慮すれば、計画どおり業績が推移すれば増配も期待される。

また、株主優待制度としては10月末時点の保有株主に対して、保有株式数に応じて業務スーパー商品券の贈呈を行っている。100株以上では3,000円分、500株以上で10,000円分、1,000株以上で15,000円分の商品券をそれぞれ贈呈している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均