市場ニュース

戻る
2017年03月07日09時28分

【材料】平田機工、Vテクなど有機EL関連が高い、住友化がスマホ1億台分の曲面パネル増産観測

平田機工 <日足> 「株探」多機能チャートより
 平田機工<6258>が3日続伸と切り返し歩調を鮮明としているほか、タツモ<6266>、出光興産<5019>、ブイ・テクノロジー<7717>など有機EL関連株が総じて買いを集めている。

 有機EL分野に注力の構えをみせる住友化学<4005>は、曲面タッチパネル生産に積極的に取り組んでいる。7日付の日本経済新聞では「(同社は)有機ELディスプレーを搭載するスマートフォン向けに、曲げられるタッチパネルを増産する。韓国の工場で設備を増強。2018年初めまでに生産能力を3倍に増やし、年1億台強のスマホに供給可能にする」と報じた。これが住友化だけでなく、有機EL材料や製造装置を手掛ける銘柄群に買いを呼び込んでいる。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均