市場ニュース

戻る
2017年03月03日14時26分

【材料】竹内製作が反落、足もと円高含みで目先筋の利益確定の売りがかさむ

竹内製作所 <日足> 「株探」多機能チャートより
 竹内製作所<6432>が4日ぶり反落。下落率は一時4.6%に達した。同社は欧米向けを中心に国内で生産した小型建機を輸出し、売り上げの97%を海外で稼いでいる。

 米国では建機に高水準の需要があり、トランプ米大統領が掲げる巨額のインフラ投資への期待や、最近の為替のドル高・円安基調もあって株価は上昇転換の兆しにあった。ただ、きょうは全般買い手控え感が強く、ドル円相場も足もとは1ドル=114円台前半の推移と円高含みの動きに変わっており、輸出採算メリットに対する期待感がやや剥落するなか、目先筋の売りが優勢となった。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均