市場ニュース

戻る
2017年03月03日12時33分

【経済】中国軍13機が宮古海峡を通過、空自スクランブル対応


日本防衛省の発表(2日付)によると、爆撃機や戦闘機とみられる中国軍機13機が2日、沖縄本島と宮古島間の上空を往復した。航空自衛隊機が緊急発進(スクランブル)している。ただ、領空侵犯はなかった。
このほか同省によると、海上自衛隊の護衛艦と哨戒機が2日、宮古島と久米島の沖で、中国の駆逐艦2隻とフリーゲート艦1隻を確認している。
台湾国防部も2日、中国の軍用機が日本の宮古島沖に飛来し、中国本土の海軍艦艇と演習を行ったと発表した。訓練海域は台湾の防空識別圏(ADIZ)から遠く離れていたが、台湾の国軍が情報収集を行ったという。
一方、中国国営メディアの新華社通信は2日、中国海軍航空隊の爆撃機など多数が同日、宮古海峡を通過して西太平洋に入り、周辺で訓練中だった海軍艦艇と演習を行ったと報じた。新華社は演習について、「海軍の年度計画に基づくもので、特定の国やターゲットを想定したものではない。国際法にも合致する」と伝えている。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均