市場ニュース

戻る
2017年03月02日18時15分

【テク】日経平均テクニカル:週間形状でのパラボリックは陽転


続伸。マドを空けての上昇で、これまでのもち合いレンジ(19000-19500円)を上放れてきている。5日、25日線との短期デッドクロスが迫ってきていたが、5日線の切り返しにより、25日線を上回っている。ボリンジャーバンドでは一気に+2σ水準まで上昇している。買い一巡後の膠着で陰線を形成しているが、+2σのレベルであり、ピーク形成にはならないだろう。一目均衡表では転換線、基準線、雲上限から上放れてきている。一旦は下方シグナル発生が警戒されていた遅行スパンについても、実線に沿った切り返しにより、上方シグナルが継続している。週足では上昇する13週線が支持線として煮詰まり感が台頭するなかで、上値抵抗を突破しつつある。週間形状でのパラボリックは陽転している。
《SK》

 提供:フィスコ

日経平均