市場ニュース

戻る
2017年02月24日18時15分

【テク】日経平均テクニカル:来週は横ばいだとシグナル悪化も


続落。引き続きこう着感の強い相場展開となり、5日、25日線とのレンジでの推移が続いた。一目均衡表では雲上限のほか、転換線、基準線が支持線として意識されている。遅行スパンも辛うじて実線を上回っている。ただ、来週は実線がいったん19000円処への下がるものの、週後半には19560円辺りまで切り上がりをみせてくるため、遅行スパンは下方シグナルを発生させてくる可能性はある。週間形状は大きな変化はなく、13週線が支持線として意識される。ボリンジャーバンドでは+1σと中心値(25日)とのレンジ内での推移。相当煮詰まり感が台頭してきており、一先ず今週も13週線を支持線として機能させたことから、もち合い上放れへの期待にもつながろう。
《SK》

 提供:フィスコ

日経平均