市場ニュース

戻る
2017年02月23日18時01分

【通貨】明日の為替相場見通し=様子見姿勢で往来相場が継続も

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、113円前半の往来圏が続くかどうかがポイントとなりそうだ。予想レンジは1ドル=112円80~113円80銭。

 前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を受け早期利上げ観測がやや後退したものの、依然、手掛かり材料難状態が続くなか、全般相場は膠着状態を強めている。28日のトランプ米大統領による経済政策に関する議会演説に関心は集まっており、それまでは様子見姿勢が続く可能性がある。こうしたなか、今晩は前週分の新規失業保険申請件数が発表されるほか、カプラン米ダラス連銀総裁の講演などが予定されており、その内容が注目される。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均