市場ニュース

戻る
2017年02月22日16時36分

【市況】【↓】日経平均 大引け| 3日ぶり小反落、全般材料難で上値は重い (2月22日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  19419.22
高値  19419.22(09:00)
安値  19329.28(11:00)
大引け 19379.87(前日比 -1.57 、 -0.01% )

売買高  21億7480万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆1068億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は小動きに終始し、わずかに反落
 2.米株高も全般は買い手掛かりを欠き上値重い
 3.日銀のETF買いへの思惑から下値に対して頑強
 4.東芝が大商いで急反騰したことも全体相場支える
 5.値上がり銘柄数、値下がり銘柄数はほぼ拮抗

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは118ドル高と8日連続で過去最高値を更新。原油高や堅調な米小売企業決算を好感し買いが優勢だった。

 東京市場では、寄り付きは高かったもののその後は売りに押されて上値が重く、日経平均株価はわずかにマイナス圏で着地し、3日ぶりに小反落した。

 22日の東京市場は、前日の米国株市場でNYダウが8日連続で最高値を更新し、為替も朝方は1ドル=113円台後半で推移していたことからやや買い優勢で始まったももの、その後は取引時間中に為替が円高傾向となるなか、戻り売り圧力が表面化して押し返される展開となった。ただ、全般材料難で買い手控え感が強いものの、日銀のETF買いに対する思惑もあり、下値に対しては抵抗力を発揮、狭いゾーンでのもみ合いに終始した。個別に東芝<6502>が1200億円超の売買代金をこなし、株価も20%を超える急騰をみせたことで、後場はこの東芝効果が全体の地合いを支えた要素もあったようだ。値上がり銘柄数と値下がり銘柄数はほぼ拮抗している。

 個別では、キーエンス<6861>が軟調、信越化学工業<4063>も値を下げた。味の素<2802>、大東建託<1878>なども安い。TOKYO BASE<3415>が急落したほか、コクヨ<7984>も大幅下落。ジャパンディスプレイ<6740>、レオパレス21<8848>も売りに押された。ペガサスミシン製造<6262>が利食われ、日本アジア投資<8518>も安い。
 反面、東芝が売買代金断トツで値上がり率も東証1部トップとなった。楽天<4755>も活況商いのなか大きく値を上げた。東京エレクトロン<8035>、武田薬品工業<4502>なども上昇した。ベクトル<6058>が大幅高となったほか、あい ホールディングス<3076>も値を飛ばした。ソフトブレーン<4779>が買われ、三井松島産業<1518>、ジャパンマテリアル<6055>なども上昇した。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はトレンド <4704> 、東エレク <8035> 、楽天 <4755> 、日東電工 <6988> 、電通 <4324> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約21円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファストリ <9983> 、ファナック <6954> 、信越化 <4063> 、アサヒ <2502> 、ユニファミマ <8028> 。押し下げ効果は約34円。うち13円はファストリ1銘柄によるもの。

 東証33業種のうち上昇は19業種。上昇率の上位5業種は(1)海運業、(2)鉄鋼、(3)繊維製品、(4)サービス業、(5)水産・農林業。一方、下落率の上位5業種は(1)不動産業、(2)その他金融業、(3)パルプ・紙、(4)食料品、(5)保険業。

■個別材料株

△東レ <3402>
 「炭素繊維で自動車市場を本格開拓」と報道。
△エディア <3935> [東証M]
 「ヴィーナス ブレイド」をmobcastで配信へ。
△楽天 <4755>
 8.4%を上限に自社株買いを実施。
△MORESC <5018>
 原材料価格低下で17年2月期営業利益予想を上方修正。
△JFE <5411>
 三菱UFJ証が「強気」に格上げ。
△レントラックス <6045> [東証M]
 中古建機の販売仲介事業を開始。
△ベクトル <6058>
 合弁会社がプレミア動画広告の販売を開始。
△東芝 <6502>
 半導体分社化に絡み思惑錯綜し需給相場の兆し。
△日ケミコン <6997>
 三菱UFJ証が「強気」に格上げ。
△トランザク <7818>
 「ポケモン」のライセンス契約締結。

▲サムコ <6387>
 今期経常を一転78%減益に下方修正。
▲レオパレス <8848>
 「家賃減額分の支払い求め大家が提訴」と報道。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)東芝 <6502> 、(2)キムラタン <8107> 、(3)楽天 <4755> 、(4)ベクトル <6058> 、(5)モリ工業 <5464> 、(6)Hamee <3134> 、(7)薬王堂 <3385> 、(8)河西工 <7256> 、(9)GセブンHD <7508> 、(10)あいHD <3076> 。

 値下がり率上位10傑は(1)サムコ <6387> 、(2)T-BASE <3415> 、(3)コクヨ <7984> 、(4)RSテクノ <3445> 、(5)小森 <6349> 、(6)三愛石 <8097> 、(7)カメイ <8037> 、(8)セントラルS <4801> 、(9)コーセル <6905> 、(10)エコナック <3521> 。


【大引け】

 日経平均は前日比1.57円(0.01%)安の1万9379.87円。TOPIXは前日比1.49(0.10%)高の1557.09。出来高は概算で21億7480万株。値上がり銘柄数は906、値下がり銘柄数は920となった。日経ジャスダック平均は2966.29円(7.21円高)。

[2017年2月22日]

株探ニュース

日経平均