市場ニュース

戻る

【市況】24日の日本国債市場概況:債券先物は150円39銭で終了


<円債市場>
長期国債先物2017年3月限
寄付150円37銭 高値150円43銭 安値150円29銭 引け150円39銭
売買高総計18717枚

2年 372回 -0.240%
5年 130回 -0.130%
10年345回 0.060%
20年159回 0.635%

債券先物3月限は、150円37銭で取引を開始。150円29銭を安値に、円高・株安を受けた買い継続や、40年債入札を無難に終えたことを好感した買いで150円43銭まで上昇した。現物の取引では、2年債が売られ、5年債、10年債、20年債が買われた。

<米国債概況>
2年債は1.16%、10年債は2.42%、30年債は3.00%近辺で推移。
債券利回りは上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.38%、英国債は1.38%、オーストラリア10年債は2.69%、NZ10年債は3.20%で推移。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・20:00 トルコ中銀政策金利発表(予想:政策金利8.00%を8.50%に引き上げ)
・23:45 米・1月製造業PMI速報値(予想:54.5、12月:54.3)
・24:00 米・12月中古住宅販売件数(予想:551万戸、11月:561万戸)
・24:00 米・1月リッチモンド連銀製造業指数(予想:7、12月:8)
・03:00 米財務省2年債入札(260億ドル)
・南ア中銀が政策金利発表(7.00%で据え置き予想)
・米議会予算局(CBO)が財政・経済見通し発表

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均