市場ニュース

戻る
2017年01月18日13時29分

【材料】エルテスが後場一時18%高、AI活用したプロジェクト稼働の分析サービスを提供開始

エルテス <日足> 「株探」多機能チャートより
 エルテス<3967>が後場急伸して一時、前日比960円(18.4%)高の6190円まで買われている。この日、人工知能エンジン×検知テクノロジーを用いて行動履歴分析やリスクの予兆検知を行う、AI Analyticsシリーズの第1弾として、プロジェクト稼働状況や実態の分析、可視化を目的とした「AI Operation Analytics」の提供を今月から開始すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 「AI Operation Analytics」は、PC端末上のファイルやソフトウエア、ブラウザなどの操作ログを解析し、一人ひとりの稼働状況や稼働実態をプロジェクト単位、メンバー単位で可視化するサービス。導入することにより、スピーディーにプロジェクト原価情報やアサイン情報、稼働状況の概況を把握することが可能となり、これらの情報を分析することで、適切なメンバーのアサインや、想定していた原価を超えている場合の原因特定などに活用することができるとしている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均