市場ニュース

戻る
2016年11月08日11時47分

【経済】中国:人民銀の金準備が5カ月連続増、10月末で1842.57トン


中国の中央銀行が金準備の積み増しを進めている。中国人民銀行は7日、保有する金準備について、今年10月末時点で5924万オンス(約1842.57トン)に拡大したと発表した。月間の増加幅は約4トンと少ないものの、5カ月連続の持ち高増加となる。
金準備量の公表を再開した2015年6月以来、1カ月が横ばいとなった以外、すべて前月末比で増えている。過去数カ月の持ち高は、5月末が5814万オンス、6月末が5862万オンス、7月末が5879万オンス、8月末が5895万オンス、9月末が5911万オンスで推移した。
国別で世界5位のレベルにある。ただ、外貨準備全体に占める比率は、2.3%に過ぎない。米国の76.0%、ドイツの69.9%、イタリアの69.4%などと比較し、極めて低い比率だ。
半面、外貨準備高全体では、保有を減らしてきた。今年10月末の外貨準備高は3兆1207億米ドル(約326兆円)と、4カ月連続で縮小傾向を示した。前月比で457億米ドル減少し、2011年3月以来の低水準を記録している。縮小幅は1月(994億米ドル)に次ぐ今年2番目の大きさとなった。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均