市場ニュース

戻る
2016年09月13日11時50分

【市況】東京株式(前引け)=小反発、米株高も円高背景に上値重い

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより
 13日前引けの日経平均株価は前日比2円73銭高の1万6675円65銭と小幅反発となった。前場の東証1部の売買高概算は6億7694万株、売買代金概算は7817億8000万円。値上がり銘柄数は906、対して値下がり銘柄数は849、変わらずは219銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前日の米国株市場でNYダウが300ドル近い上昇で切り返したことを受け、朝方は広範囲に買いが先行したが、その後日経平均は伸び悩み、前日比マイナス圏に沈む場面もあった。ボストン連銀総裁のタカ派的発言も、前日のブレイナードFRB理事のコメントで早期利上げ思惑が後退、米国株反転の足がかりとなったが、一方で為替が円高傾向に振れ、これが主力株中心に重荷となっている。前引けはかろうじてプラス圏で着地しているが、売買代金は8000億円を下回る低水準で市場エネルギー不足が露呈している。

 個別では任天堂<7974>が大商いも続落、ソフトバンクグループ<9984>も軟調。三菱商事<8058>も値を下げた。ピーシーデポコーポレーション<7618>が続急落で新安値に売られたほか、クミアイ化学工業<4996>の下げも目立つ。ここ上昇基調にあった虹技<5603>も利益確定の売りが出た。半面、ソニー<6758>が堅調、ブイ・テクノロジー<7717>もしっかり。ウェルネット<2428>、MonotaRO<3064>が大幅高となったほか、三浦工業<6005>、参天製薬<4536>なども物色人気に。低位株ではルック<8029>、東洋鋼鈑<5453>なども買いを集めた。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均