市場ニュース

戻る
2016年09月09日18時50分

【テク】日経平均テクニカル:陰線形成ではあるが下ひげを残す


小反発。反発して始まるも、5日線に上値を抑えられる格好でのこう着が続いた。一方で下げ幅を広げる局面では16900円をキープするなど、下値の堅さが意識された。結局は5日線が抵抗となり、陰線形成ではあるが、下ひげを残す形状。ボリンジャーバンドでは+1σを挟んでのこう着。MACDはシグナルとの乖離がさらに縮小しているが、現状では陽転シグナルをキープしている。また、一目均衡表では転換線が支持線として意識されている。また、週足の一目均衡表では雲下限での踏ん張りをみせており、今後は雲上限を意識したトレンドを試す展開が期待されてくる。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均