市場ニュース

戻る
2016年09月07日08時19分

【材料】BEENOS---普通株式3百万株を売出し、流動性向上に期待

BEENOS <日足> 「株探」多機能チャートより

BEENOS<3328>は5日、同社普通株式3,084千株(同社の発行済株式総数の25.14%)をサイバーエージェント<4751>が売却することを発表。引受人の買取引受けによる売出となる。また、併せて普通株式333千株のオーバーアロットメントによる売出を行う。

サイバーエージェントは、BEENOSの主要株主として東証上場以来、同社普通株式を保有し、第2位の大株主であるが、資産の効率化・財務体質の向上を目的に、保有する同社普通株式全株を売却する。これにより、同社株式の分布状況が改善し、流動性が高まることが期待される。

BEENOSは、既に東証への本則市場(市場第1部もしくは第2部)への市場変更を申請しており、投資家層の裾野を広げていく考え。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均