市場ニュース

戻る
2016年09月05日18時27分

【為替】あすの為替相場見通し=103円前半中心のもみ合いも

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 あすの外国為替市場のドル円相場は、103円前半中心のもみ合いとなりそうだ。予想レンジは1ドル=102円80~103円80銭。

 前週末発表の米雇用統計は市場予想に達せず強弱感が対立する内容だったがニューヨーク市場では一時104円30銭台まで上昇する強含みの動きとなった。ただ、週明け5日の東京市場では全般軟調な値動きとなり、103円20銭台まで値を下げる場面があった。今月下旬の米連邦公開市場委員会(FOMC)に向け、米利上げの有無には見方が分かれており、上値では利益確定売りも膨らんだ。

 今晩は米ニューヨーク市場がレイバー・デーによる休場となる。このため、市場参加者が限られるなか、あすにかけてドル円相場は方向感に欠ける展開も予想される。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均