市場ニュース

戻る
2016年08月31日07時11分

【市況】30日のNY市場は下落

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 18454.30 (-48.69)
NASDAQ  : 5222.99 (-9.34)
CME225  : 16860 (+120(大証比))

[NY市場データ]

30日のNY市場は下落。ダウ平均は48.69ドル安の18454.30、ナスダックは9.34ポイント安の5222.99で取引を終了した。小幅上昇して寄り付いたものの、欧州委員会(EU)が、アイルランド政府による携帯端末のアップル(AAPL)の税制優遇は不当であるとして145億ドル追徴するよう命じたことで、他米国大手企業への波及懸念から下落に転じた。フィッシャーFRB副議長が複数回の利上げを示唆する発言を行ったことも嫌気された。セクター別では、銀行や各種金融が上昇する一方で公益事業や耐久消費財・アパレルが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比120円高の16860円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、ブリヂストン<5108>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル102.99円換算)で全般小じっかり。
《TM》

 提供:フィスコ

日経平均