市場ニュース

戻る
2016年08月26日17時08分

【市況】【↓】日経平均 大引け| 続落・3週ぶり安値、FRB議長の講演を控え持ち高整理売り (8月26日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  16485.55
高値  16490.53(09:00)
安値  16320.43(12:30)
大引け 16360.71(前日比 -195.24 、 -1.18% )

売買高  15億4608万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆0391億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は続落で3週間ぶりの安値水準に
 2.イエレンFRB議長のジャクソンホール講演前で買い手控え
 3.ファミリーMの指数組み入れに絡み売り圧力も観測
 4.値下がり銘柄1500超、東証1部全体の77%の銘柄が下落
 5.値がさ株中心の売買で売買代金は5日ぶりに2兆円を上回る

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは33ドル安と続落。イエレンFRB議長の講演を翌日に控えて様子見姿勢が強く小幅な値動きにとどまった。

 東京市場では、買い手控えムードの強いなか下値模索の展開となり、日経平均株価は1万6400円台を下回り、今月5日以来3週間ぶりの安値水準で引けた。

 26日の東京市場は、前日の欧米株市場が総じて軟調に推移したことを引き継ぎ、主力株中心に広範囲に売りが優勢となった。日本時間今晩に予定されるイエレンFRB議長のジャクソンホールでの講演を前に、この結果を見極めたいとの思惑が足もとの持ち高を減らす動きにつながり、全般相場の下げ要因となった。日経平均は後場下げ渋る場面があったが、終盤になって改めて売り直された。ファミリーマート<8028>の日経平均採用に絡み、同銘柄以外の銘柄への売り圧力が相場の下げを助長したとの見方も出ている。値下がり銘柄数は1500を超え、全体の77%の銘柄が下落した。なお、値がさ株が売買の中心となった関係で売買代金は増勢となり、2兆円をわずかながら5日ぶりに上回った。

 個別では、ファミリーマートが指数組み入れに伴う買い需要を背景に売買代金断トツとなったが、株価は後場終盤に急速に軟化した。円高懸念がくすぶるなかでトヨタ自動車<7203>が下落、ファナック<6954>、TDK<6762>なども値を下げた。ニトリホールディングス<9843>も安い。5-7月期決算低調のアインホールディングス<9627>が急落、三和ホールディングス<5929>も大きく売られた。
 半面、花王<4452>が上昇、信越化学工業<4063>、東京エレクトロン<8035>も堅調。関西スーパーマーケット<9919>がストップ高に買われ、オハラ<5218>、星光PMC<4963>なども値を飛ばした。東邦チタニウム<5727>が大幅高、昭和電工<4004>、太平洋セメント<5233>などの上昇も目立つ。

 日経平均への寄与度上位5銘柄は信越化 <4063> 、花王 <4452> 、東エレク <8035> 、日産化 <4021> 、ヤマハ <7951> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約14円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファナック <6954> 、テルモ <4543> 、日東電 <6988> 、トヨタ <7203> 、ソフトバンク <9984> 。押し下げ効果は約57円。

 東証33業種のうち上昇は、鉄鋼、化学の2業種のみ。下落率の小さかった上位5業種は(1)非鉄金属、(2)水産・農林業、(3)ガラス土石製品、(4)繊維製品、(5)食料品。一方、下落率の大きかった5業種は(1)保険業、(2)輸送用機器、(3)空運業、(4)医薬品、(5)不動産業。

■個別材料株

△gumi <3903>
 「ファントム オブ キル」繁体字版の配信を開始。
△Sワイヤー <3929> [東証M]
 1.5%を上限に自社株買いを実施。
△カネカ <4118>
 SMBC日興証が目標株価を920円→950円に引き上げ。
△菱ガス化 <4182>
 SMBC日興証が目標株価を630円→690円に引き上げ。
△花王 <4452>
 2.0%を上限に自社株買いを実施。
△小林製薬 <4967>
 2.49%を上限に自社株買いを実施。
△エレコム <6750>
 三菱UFJ証が目標株価を2390→2580円に引き上げ。
△池上通 <6771>
 「パナソニックがソニーらと8Kテレビ共同開発」と報道。
△アライドHD <6835> [東証2]
 京大と共同で高密度無線LAN最適制御技術を開発。
△カプコン <9697>
 2.67%を上限に自社株買いを実施。


▲クックパッド <2193>
 前社長が保有株の大半を売却。
▲北川精機 <6327> [JQ]
 東証が信用規制。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)関西スーパ <9919> 、(2)オハラ <5218> 、(3)星光PMC <4963> 、(4)NSW <9739> 、(5)アクリティブ <8423> 、(6)邦チタ <5727> 、(7)UMCエレ <6615> 、(8)アダストリア <2685> 、(9)カプコン <9697> 、(10)大阪チタ <5726> 。

 値下がり率上位10傑は(1)キムラタン <8107> 、(2)アインHD <9627> 、(3)WSCOPE <6619> 、(4)アジア投資 <8518> 、(5)ファインデ <3649> 、(6)TBSHD <9401> 、(7)オプトHD <2389> 、(8)三和HD <5929> 、(9)ネクスト <2120> 、(10)ニトリHD <9843> 。

【大引け】

 日経平均は前日比195.24円(1.18%)安の1万6360.71円。TOPIXは前日比16.37(1.26%)安の1287.90。出来高は概算で15億4608万株。値上がり銘柄数は350、値下がり銘柄数は1519となった。日経ジャスダック平均は2455.85円(1.50円安)。

[2016年8月26日]

株探ニュース

日経平均