市場ニュース

戻る
2016年08月18日17時08分

【市況】【↓】日経平均 大引け| 大幅反落、100円割れの円高を嫌気、日銀ETF買い期待後退で下げ加速 (8月18日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  16649.91
高値  16714.61(11:35)
安値  16481.41(14:50)
大引け 16486.01(前日比 -259.63 、 -1.55% )

売買高  18億7609万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆1485億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は大幅反落でほぼ安値引け
 2.為替相場の1ドル100円割れが重荷
 3.FOMC議事録受け早期利上げの思惑後退が背景に
 4.日銀のETF買い期待が後退し、後場地合い悪化
 5.全体の8割の銘柄が下げ、個別ではソフトバンクの軟調目立つ

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは21ドル高と反発。FOMC議事録の発表を受けて、9月利上げ観測が後退したことから引けにかけて買い戻された。

 東京市場では、再び外国為替市場で円高が急速に進んだことを受けて、主力株をはじめ広範囲に売り込まれる展開となった。

 18日の東京市場は、ドル安・円高の進行が重荷となり軟調な展開だった。17日に公表されたFOMC議事要旨の内容を受け、米利上げペースが緩やかになるとの見方が、ドル売り・円買いの動きを加速させている。前場取引開始前に為替が1ドル=100円台を割り込み、主力株中心に買い気を削がれる展開となった。それでも、日銀のETF買いに対する期待感から、寄り後に下げ渋る動きをみせたが、後場に入ると日銀のETF買いが入っていないとの観測が広まり、下げ足を強めた。結局、日経平均はこの日の安値圏で引けている。業種別にみてもほぼ全面安商状で、東証1部全体の8割の銘柄が下落する売り圧力の強い地合いだった。

 個別では、自社株買い完了の発表がネガティブに捉えられソフトバンクグループ<9984>が大幅安、NTT<9432>も軟調。円高に揺さぶられてトヨタ自動車<7203>が売りに押され、竹内製作所<6432>も値を崩した。武田薬品工業<4502>も軟調。JAC Recruitment<2124>、ダブル・スコープ<6619>、ホシザキ<6465>などが大きく下落した。
 半面、任天堂<7974>が堅調、東京エレクトロン<8035>もしっかり。Hamee<3134>が大幅高で異彩を放った。投資ファンドのTOB発表でさが美<8201>が急動意、昭和電線ホールディングス<5805>も買いが優勢だった。SUMCO<3436>が物色人気となり、レンゴー<3941>、雪印メグミルク<2270>なども上昇した。

 日経平均への寄与度上位5銘柄は東エレク <8035> 、コムシスHD <1721> 、DOWA <5714> 、ミネベア <6479> 、ソニー <6758> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約8円と限定的。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はソフトバンク <9984> 、KDDI <9433> 、ファストリ <9983> 、京セラ <6971> 、アステラス <4503> 。押し下げ効果は約89円。


 東証33業種のうち上昇は、パルプ・紙の1業種のみ。下落率の小さかった上位5業種は(1)鉄鋼、(2)金属製品、(3)その他製品、(4)非鉄金属、(5)鉱業。一方、下落率の大きかった5業種は(1)電気・ガス業、(2)医薬品、(3)情報・通信業、(4)精密機器、(5)不動産業。

■個別材料株

△ソフトクリエ <3371>
 0.4%を上限に自社株買いを実施。
△阿波製紙 <3896> [東証2]
 「電磁波吸収シールドシートに注力」と報道。
△クラウドW <3900> [東証M]
 「クラウドワークス」会員数が100万人を突破。
△イオンファンタジー <4343>
 7月既存店売上高は14%増。
△カルナバイオ <4572> [JQG]
 岩井コスモ証が新規「A」でカバレッジ開始。
△住友理工 <5191>
 SMBC日興証が目標株価を850円→950円に引き上げ。
△日伸銅 <5753> [東証2]
 業績急変化と指標面の割安を好感。
△ドンキHD <7532>
 今期経常は4%増で8期連続最高益・1円増配。
△PCデポ <7618>
 解約めぐるネット上の書き込み受け対応策を発表。
△さが美 <8201>
 投資ファンドによる事業再生に期待。


▲サニーサイド <2180> [JQG]
 今期経常は15%減益。
▲物語コーポ <3097>
 いちよし経研がフェアバリューを7500円→6800円へ引き下げ。
▲小野薬 <4528>
 760万5200株の株式売り出しを実施。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)Hamee <3134> 、(2)さが美 <8201> 、(3)日写印 <7915> 、(4)PCデポ <7618> 、(5)大倉工 <4221> 、(6)イオンファン <4343> 、(7)昭電線HD <5805> 、(8)MrMax <8203> 、(9)東洋糖 <2107> 、(10)DOWA <5714> 。

 値下がり率上位10傑は(1)ソフトブレン <4779> 、(2)キムラタン <8107> 、(3)ジェイエイシ <2124> 、(4)WSCOPE <6619> 、(5)日本電子 <6951> 、(6)ネクスト <2120> 、(7)ホシザキ <6465> 、(8)HIS <9603> 、(9)竹内製作所 <6432> 、(10)DLE <3686> 。


【大引け】

 日経平均は前日比259.63円(1.55%)安の1万6486.01円。TOPIXは前日比20.34(1.55%)安の1290.79。出来高は概算で18億7609万株。値上がり銘柄数は304、値下がり銘柄数は1594となった。日経ジャスダック平均は2441.87円(13.32円安)。

[2016年8月18日]

株探ニュース

日経平均