市場ニュース

戻る
2016年08月02日16時20分

【特集】スリープロG Research Memo(6):M&Aをした3社が寄与し増収増益

スリープロ <日足> 「株探」多機能チャートより

■業績動向

(1) 2016年10月期第2四半期の業績

スリープログループ<2375>の売上高は前年同期比24.4%増の5,616百万円、営業利益は同17.2%増の186百万円、経常利益は同17.1%増の186百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は同9.3%増の109百万円になり、順調に増収増益を達成した。売上高の伸びは、コンタクトセンター事業がM&Aにより規模が拡大したことと、同様にM&Aによりレンタルオフィス事業の子会社をグループ化したことが大きく寄与した。利益に関しては、いずれも黒字の会社をM&Aで加えたことや、売上原価率を抑えることで増益を確保した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均