市場ニュース

戻る
2016年07月28日15時53分

【市況】東京株式(大引け)=187円安、決定会合を前に買い手控えられ反落

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 28日の東京株式市場は終始売り優勢で、日経平均は途中下げ渋る場面もあったが、買いが続かず再び1万6500円台を割り込んで引けた。

 大引けの日経平均株価は前日比187円98銭安の1万6476円84銭と反落。東証1部の売買高概算は18億9771万株、売買代金概算は2兆3738億8000万円。値上がり銘柄数は628、対して値下がり銘柄数は1236、変わらずは106銘柄だった。

 きょうの東京市場は、政府の大規模な経済対策に対する期待はあるものの、日銀の金融政策決定会合の結果を明日に控え模様眺め感が強く、総じて買いが手控えられる展開となった。追加緩和実施について市場では織り込みが進む一方、期待されるメニューに対しハードルが高いだけに、リスクを前もって減じる動きが上値を押さえた。個別には企業の第1四半期決算発表を受け、好決算を発表した銘柄に買いが集まる傾向がみられた。また、「ポケモンGOプラス」の発売延期が伝わったこともあって、任天堂<7974>をはじめとするポケモン関連株への売り圧力は続いている。

 個別では、ミツミ電機<6767>が急反落、サノヤスホールディングス<7022>はきょうもストップ安まで売られる場面があった。任天堂<7974>も下値模索が続いている。富士フイルムホールディングス<4901>が大幅安、三菱電機<6503>が売られ、花王<4452>、信越化学工業<4063>も軟調だった。

 半面、アルプス電気<6770>が売買代金を伴い急伸、アドバンテスト<6857>も物色人気となった。九電工<1959>が値を飛ばし、日立ハイテクノロジーズ<8036>も大きく買われた。東光高岳<6617>、スタンレー電気<6923>、ステラ ケミファ<4109>も上昇した。ファンケル<4921>、伊藤ハム米久ホールディングス<2296>なども高い。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2016年07月28日 16時06分

日経平均