市場ニュース

戻る
2016年07月23日06時59分

【市況】NY金:反落で1323.40ドル、米国株やドル堅調で利益確定の流れ


NY金は反落(COMEX金8月限終値:1323.40↓7.60)。米国株式の堅調推移や、為替市場でのドルのしっかりとした動きなどが影響して、金はさえない展開となった。米利上げに対する懸念は市場に残っているが、いったん利益を確定する動きが強まっている様子。


日足チャートでは、7月6日の年初来高値1377.50ドルをピークに調整局面入りを迎えている。足元積み上がっている買いポジションの整理が進むと、次の上昇局面が期待できるとの声も聞かれる。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均