市場ニュース

戻る
2016年07月14日16時00分

【市況】東京株式(大引け)=154円高、NYダウ最高値と円安を背景に4日続伸

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 14日の東京株式市場は前日の米株堅調を受けて朝方から買い優勢、途中伸び悩む場面もあったが、前場後半から買い直され、日経平均は高値圏で着地した。

 大引けの日経平均株価は前日比154円46銭高の1万6385円89銭と4日続伸。東証1部の売買高概算は20億5377万株、売買代金概算は2兆4920億1000万円。値上がり銘柄数は1119、対して値下がり銘柄数は696、変わらずは152銘柄だった。

 きょうの東京市場は、前日の米国株市場でNYダウが小幅ながら最高値を連日更新したことを受けて、相対的な出遅れ感から買いが優勢となった。前日までの3日間で日経平均株価は約7.5%の上昇をみせていたことから、目先筋の利益確定売りに途中伸び悩む展開となったが、その後、取引時間中に外国為替市場でドル高円安に振れたこともあって、主力株中心に終盤締まる展開となった。ただ、米国の決算発表本番で、これを見極めたいとの思惑もあり、積極的な買いは見送られたことから売買代金は前日を下回った。

 個別では、任天堂<7974>が断トツの商いで大幅高、関連銘柄として人気のサノヤスホールディングス<7022>やイマジカ・ロボット ホールディングス<6879>も値を飛ばした。ソフトバンクグループ<9984>が堅調、ファナック<6954>もしっかり。ディップ<2379>、ホシデン<6804>、アイスタイル<3660>なども高い。

 半面、キーエンス<6861>が大幅安、ブイ・テクノロジー<7717>も売られた。ガリバーインターナショナル<7599>がストップ安となり、コロプラ<3668>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>などの下げも目立つ。浜松ホトニクス<6965>も安い。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均